アプリケーション開発の準備

これまでに学んだJavaScriptの基本構文は、実行環境を問わずに使えるものです。 しかしこの後に続くユースケースの章では、具体的な実行環境としてウェブブラウザとNode.jsの2つを扱います。 また、ブラウザで実行するアプリケーションであっても、その開発にはツールとしてのNode.jsが欠かせません。 このセクションではユースケースの学習へ進むために必要なアプリケーション開発環境の準備をおこないます。

Node.jsのインストール

Node.jsはサーバーサイドJavaScript実行環境のひとつで、次のような特徴があります。

  • ウェブブラウザのChromeと同じV8 JavaScriptエンジンで動作する
  • オープンソースで開発されている
  • OSを問わずクロスプラットフォームで動作する

Node.jsはサーバーサイドで使うために開発されました。 しかし今ではコマンドラインツールやElectronなどのデスクトップアプリケーションにも利用されています。 そのため、Node.jsはサーバーサイドに限らずクライアントサイドのJavaScript実行環境としても幅広く使われています。

Node.jsは多くの他のプログラミング言語と同じように、実行環境をマシンにインストールすることで使用できます。 公式のダウンロードページから、開発用のマシンに合わせたインストーラをダウンロードして、インストールしましょう。

Node.jsにはLTS(Long-Term Support)版と最新版の2つのリリース版があります。 LTS(Long-Term Support)版は2年間のメンテナンスとサポートが宣言されたバージョンです。 具体的には、後方互換性を壊さない範囲でのアップデートと、継続的なセキュリティパッチの提供が行われます。 一方で、最新版はNode.jsの最新の機能を使用できますが、常に最新のバージョンしかメンテナンスされません。 ほとんどのユーザーは、LTS版を用いることが推奨されます。Node.jsでの開発が初めてであれば、迷わずにLTS版のインストーラをダウンロードしましょう。 この章では執筆時点の最新LTS版であるバージョン8.12.0で動作するように開発します。

インストールが完了すると、コマンドラインでnodeコマンドが使用可能になっているはずです。 次のコマンドを実行して、インストールされたNode.jsのバージョンを確認しましょう。 ($はコマンドラインの入力欄を表す記号であるため、実際に入力する必要はありません)

$ node -v 
v8.12.0

また、Node.jsにはnpmというパッケージマネージャーが同梱されています。 Node.jsをインストールすると、nodeコマンドだけでなくnpmを扱うためのnpmコマンドも使えるようになっています。 次のコマンドを実行して、インストールされたnpmのバージョンを確認しましょう。

$ npm -v 
6.4.1

npmやnpmコマンドについての詳細は公式ドキュメントnpmのGitHubリポジトリを参照してください。 Node.jsのライブラリのほとんどはnpmを使ってインストールできます。 実際に、ユースケースの章ではnpmを使ってライブラリをインストールして利用します。

npxコマンドによるnpmパッケージの実行

Node.jsを使ったコマンドラインツールは数多く公開されており、npmでインストールすることによりコマンドとして実行できるようになります。 ところで、Node.jsのインストールにより、npxというコマンドも使えるようになっています。 npxコマンドを使うと、npmで公開されている実行可能なパッケージのインストールと実行をまとめてできます。 この後のユースケースでもnpxコマンドでツールを利用するため、ここでツールの実行を試してみましょう。

ここでは例として@js-primer/hello-worldというサンプル用のパッケージを実行します。 npxコマンドでコマンドラインツールを実行するには、次のように npxコマンドにパッケージ名を渡して実行します。

$ npx @js-primer/hello-world
npx: 1個のパッケージを7.921秒でインストールしました。
Hello World!

このように、npxコマンドを使うことによりnpmで公開されているコマンドラインツールを簡単に実行できます。

[コラム] コマンドラインツールのインストールと実行

npmで公開されているコマンドラインツールを実行する方法はnpxコマンドだけではありません。 npm installコマンドを使ってパッケージをインストールし、インストールされたパッケージのコマンドを実行する方法があります。 通常のnpm installコマンドは実行したカレントディレクトリにパッケージをインストールしますが、--globalフラグを加えるとパッケージをグローバルインストールします。 グローバルインストールされたパッケージのコマンドは、nodeコマンドやnpmコマンドと同じように、任意の場所から実行できます。

次の例では@js-primer/hello-worldパッケージをグローバルインストールしています。 その後、パッケージに含まれているjs-primer-hello-worldコマンドを絶対パスの指定なしで呼び出しています。

$ npm install --global @js-primer/hello-world
$ js-primer-hello-world
Hello World!

ローカルサーバーのセットアップ

値の評価と表示」の章では、index.htmlindex.jsというファイルを作成しブラウザで表示していました。 このときローカルに作成したHTMLファイルをそのままブラウザで読み込むと、ブラウザのアドレスバーはfile:///から始まるURLになります。 fileスキーマではSame Origin Policyというセキュリティ的な制限により、多くの場面でアプリケーションは正しく動作しません。

これからユースケースの章で書いていくアプリケーションは、Same Origin Policyの制限を避けるために、httpスキーマのURLでアクセスすることを前提としています。 開発用のローカルサーバーを使うことで、ローカルに作成したHTMLファイルもhttpスキーマのURLで表示できます。

ここでは、これからのユースケースで利用する開発用のローカルサーバーをセットアップする方法を見ていきます。

HTMLファイルの用意

まずは最低限の要素だけを配置したHTMLファイルを作成しましょう。 ここではindex.htmlというファイル名で作成し、HTMLファイル内には次のように記述しています。 このHTMLファイルではscript要素を使いindex.jsというファイル名のJavaScriptファイルを読み込んでいます。

index.html

<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <title>index.html</title>
  </head>
  <body>
    <h1>ローカルサーバで配信中</h1>
    <script src="index.js"></script>
  </body>
</html>

同じようにindex.jsというファイル名でJavaScriptファイルを作成します。 このindex.jsには、スクリプトが正しく読み込まれたことを確認できるよう、コンソールにログを出力する処理だけを書いておきます。

index.js

console.log("index.js: loaded");

ローカルサーバーを起動する

先ほど作成したindex.htmlと同じディレクトリで、ローカルサーバーを起動します。 次のコマンドでは、@js-primer/local-serverというこの書籍用に作成されたローカルサーバーモジュールをダウンロードと同時に実行します。 このローカルサーバーモジュールは、httpスキーマのURLでローカルファイルへアクセスできるように、実行したディレクトリにあるファイルを配信する機能を持ちます。

# から始まる行はコメントなので実行はしなくてよい
# cdコマンドでファイルがあるディレクトリまで移動
$ cd "index.htmlがあるディレクトリのパス"

# npx コマンドでローカルサーバを起動
$ npx @js-primer/local-server

js-primerのローカルサーバを起動しました。
次のURLをブラウザで開いてください。

  URL: http://localhost:3000

起動したローカルサーバーのURL(http://localhost:3000)へブラウザでアクセスすると、先ほどのindex.htmlの内容が表示されます。 多くのサーバでは、http://localhost:3000のようにファイルパスを指定せずにアクセスすると、index.htmlを配信する機能を持っています。 @js-primer/local-serverもこの機能をもつため、http://localhost:3000http://localhost:3000/index.htmlどちらのURLも同じindex.htmlを配信しています。

ログが表示されているWebコンソール

index.htmlにアクセスできたら、正しくindex.jsが読み込まれてるかを確認してみましょう。 Console APIで出力したログを確認するには、ウェブブラウザの開発者ツールを開く必要があります。 ほとんどのブラウザで開発者ツールが同梱されていますが、この書籍ではFirefoxを使って確認します。

Firefoxの開発者ツールは次のいずれかの方法で開きます。

  • Firefox メニュー(メニューバーがある場合や macOS では、ツールメニュー)の Web 開発サブメニューで "Web コンソール" を選択する
  • キーボードショートカット Ctrl+Shift+K(macOS では Command+Option+K)を押下する

詳細は"Webコンソールを開く"を参照してください。

ローカルサーバーを終了する

最後に、起動したローカルサーバーを終了します。 ローカルサーバーを起動したコマンドラインで、Ctrl+Cを押下することで終了できます。

複数のローカルサーバーを同時に起動することも可能ですが、複数のサーバで同じポート番号を利用することはできません。 ポートとは、先ほど起動したローカルサーバーのURLで:3000となっていた部分のことで、これは3000番ポートでローカルサーバーを起動したことを意味しています。

@js-primer/local-serverは、デフォルトのポート(3000番ポート)がすでに使用されているなら、使われてないポートを探してローカルサーバーを起動します。また、--portオプションで任意のポート番号でローカルサーバーを起動できます。

$ npx @js-primer/local-server --port 8000

この書籍では、@js-primer/local-serverをデフォルトのポート番号である3000番ポートを利用する前提で進めていきます。 そのため、使わなくなったローカルサーバーはCtrl+Cで終了しておくことで、アクセスするURL(ポート番号)が書籍と同じ状態で進められます。

まとめ

この章では、これからのユースケースの章で必要な環境を準備しました。

  • Node.jsのLTS版をインストールできた
  • npmとnpxでモジュールのインストールと実行ができた
  • @js-primer/local-serverモジュールを使ってローカルサーバーを起動して終了できた

npmではすでに多種多様なローカルサーバーモジュールが公開されています。 この書籍では、利用するローカルサーバーの機能で違いが出ないように@js-primer/local-serverというこの書籍用のローカルサーバーモジュールを利用します。