文章の間違いに気づいたら

全くバグがないプログラムはないのと同様に、全く間違いのない技術書は存在しません。 この書籍ではできるだけ間違い(特に技術的な間違い)を減らせるように努力していますが、 どうしても誤字脱字や技術的な間違い、コード例の間違いなどを見落としている場合があります。

そのため「この書籍には間違いが存在する」と思って読んでいくことを推奨しています。 もし、読んでいて間違いを見つけたなら、ぜひ報告してください。

また、意味や意図が読み取れないというわかりにくいため、よくわからないという疑問をもつことがあります。 そのような疑問もぜひ報告してください。

もし、その疑問が実際には間違いではなく勘違いであっても、回答をもらうことで自分の理解を修正できます。 そのため、疑問を問い合わせても損することはないはずです。

この書籍はGitHub上で公開されているため、GitHubリポジトリのIssueとしてあなたの疑問を報告できます。

GitHubのアカウントを持っていない方は、次のフォームから報告できます。

https://goo.gl/forms/lOx4ckFyb0fB9cBM2

問題を修正する

また、この書籍はGitHub上で文章やサンプルのソースコードがすべて公開されています。

そのため、あなたは問題を報告するだけではなく修正することもできます。 GitHubでソースコードが公開されているため、修正内容をPull Requestすることで問題を修正できます。

詳しいPull Requestの送り方はCONTRIBUTING.mdにかかれているので参考にしてください。

誤字を1文字修正するものから技術的な間違いを修正するものまで、どのような修正であっても感謝されます。 問題を見つけたら、ぜひ修正することにも挑戦してみてください。

参考